日本国内の大学及び研究室の研究報告

ラジウム温泉などの低線量放射線に寄る不老長寿効果が、三要素、「老化を防ぐSOD酵素の増加」「細胞の活性で生じる細胞膜と加酸化脂質の減少」「細胞膜の浸透性の上昇」によって示される。
(岡山大学・森教授、電力中央研究所・山岡研究員)

低レベルの放射線の事前照射が、フリーラジカルの危害を抑える抗酸化物質の生成に加えて、DHA修復能力上昇やアポトーシス機能の効能を促すことが考えられますが、あとの致死レベルの放射線に対してもきわめて固定効力の強い状態を作り出す生体反応が示され、「生命体の適応応答減少」として国連化学委員会報告書(1994年)に盛り込まれました。
(大阪府立大学・米沢教授)

ラジウム温泉水(池田鉱泉水)を用いた実験で、ウサギのラドンガス吸入により、インシュリン(糖代謝)のほか、メチオニンエンケファリン(鎮痛)、ベータ・エンドルフィン(壮快)、アドレナリン(活発)などのホルモンが増加することが確認されました。
(岡山大学・古本教授、電力中央研究所・山岡研究員)

SODの増加だけでなく、細胞の酸化を阻止する酸素グルチオンペプチダーゼの大幅な増加も確認されました。
このことから活性酸素によって局所の細胞が酸化消滅することが主な原因の一つと考えられる、次のような多くの難病の進行を阻止し快復させることが予想されます。糖尿病、C型肝炎、日本国内の大学及び研究室の研究報告筋萎縮症、アルツハイマー、パーキンソン、リウマチ、アトピー、各種アレルギー、老人性痴呆症。
(東京大学・二木教授、高橋助手、電力中央研究所・山岡研究員)

【電話番号】
092-526-8682

【営業時間】
平日(月曜日~金曜日)
AM8:00~PM8:00(昼休みなし)

土曜日
AM8:30~PM6:00(昼休みなし)

日曜日・祝日
AM8:30~PM6:00(昼休みなし)

※日曜祝日診療いたしております。
※完全予約制です。

休業日
毎週木曜日
※学会などで臨時休診あり

【住所】
〒810-0011
福岡市中央区高砂一丁目22-6 1F


ブログ
SSL GMOグローバルサインのサイトシール

このサイトはグローバルサインにより認証されています。
SSL対応ページからの情報送信は暗号化により保護されます。